結婚の質を直接的に脅かすゲームにしました

婚活をしました

夫婦が一度敷設した誓約を破壊するでしょうこのため
スキル最終的に性的な問題について話すことができます。次の感情を感じるようにすることができます。しかし、失望するしかありません。そして、方法、自然、各種類のクリーチャーは、使命を持って世界に来る。この任務は、独自の遺伝子を渡して、独自の民族集団を徐々に作り続けることである。このミッションを達成するために、これらの生き物は自分自身を完璧にするために懸命に働いており、あらゆる可能な交配の機会に努めています。強く安全な洞穴を築き、優れた飼育技術を身に付けることを学び、雌動物を得るために他の雄の動物と競争し、最終的に遺伝子が伝達され続けるように交配権を得る。動物界で勝利するために壮大な体の能力を維持する。したがって、それはしばしば最高の男性の動物です。

婚活することに躊躇する方が多いのです

ある男性が好きな女性に会うと、彼女は多くの選手の中から目立つようになります。彼は自発的に自分自身をより良くし、人間は遺伝子の伝達を最大限にするために必要なスキルを学ぶでしょう。人間社会では、女性を捕まえる。そのために、彼は自分のイメージに注意を払い、より多くの力と物質的富に挑戦し、究極的には世界全体を創造しました。素晴らしい芸術品や壮大な宮殿など。そのため、男性は自分の好きな女性を迎え入れる一方、社会にも貢献しています。このようなエネルギーを駆使して、人間は能力を向上させ続け、人間の文明の進歩さえも消えません。貢献。生命の原動力であるエネルギーの量は、種の持続と進化を促進するだけでなく、カラフルで豊かな異常な世界を創造すると言えます。

 

結婚式がそこで行われ

この原動力によって、あらゆる種類の人生が数十億年もの間地球上で確実に継続することができるからです。実際には、性的エネルギーの魔法はこれ以上のものです。そのような医療実験があります。研究者は、男性のボランティアに鏡の向こう側の多くの女性を見て、最初の印象によってそれらを評価し、グループ化するように頼んだ。結果は、非常に若い女性の人口では、しばしば固定された性的パートナーがあり、平均して週に4回の性生活があることを示しています。たぶん、多くの人が尋ねなければなりません。本当にそんなことがありますか?愛する人と一緒にシートを転がすと、女性のエストロゲンの分泌を促進し、皮膚をより滑らかでより柔軟にすることができ、また体の様々な部分で筋肉を運動させ、体重および体重を失う効果があります。また、安定したパートナーシップで、女性は安心感と愛する人の感覚を感じ、自尊感覚を高めるのに非常に有益です。

すでに理想的な婚活は
アイデアを実現するために、熱意を解放するために、愛に勇敢に行く。実際には、私たち自身の生活のために実践的な努力をするために、この長い道のりは、私たちの理想が私たちの生活を明るくし、私たちの生活が私たちの夢を埋葬させないように、私たちの家族と一緒に歩く必要があります。お互いに精通し、お互いに励まし合い、抱きしめてください。なぜ私たちは結婚していますか?なぜ私たちは結婚していますか?それは愛のためですか?結婚の時代のために?すべての面でお互いを見ることは適切なのですから?家族の圧力のために?不要な妊娠のために?孤独は仲間を見つける必要があるからでしょうか?私の恋人の一人は、離婚後、彼女が元夫に落胆していないと言ってくれましたが、結婚自体に不満を抱いていました。私は彼女に、なぜ結婚生活が彼女がもともと想像していたものとは違っていたと言って、彼女の理想的な結婚は誰によっても創造されなかったことを知った。

 

不幸な結婚では

しかし、彼女の前夫は彼女と協力したくなかったが、遅く寝てテレビを見たり、ゲームをしたり、郊外に行くのが好きではなく、家事は女性の仕事だと思っていた。実際、彼女の元夫もまた非常に不快感を感じました。明らかに、彼の仕事はとても難しく、家に帰るのは無料ではありません。スーパーマーケットの買い物には、洗濯物はありませんが、新しい家の装飾はありませんが、そのようなものは少なくありません。大きな家を買うには多額の費用がかかり、経済的にも限界があります。彼女の前夫はまた、彼の要求が過度ではないと感じました。彼は家族の世話をすることができ、生命の詳細を要求せず、心からサポートしてくれる優しく寛容な妻を探していました。公正で、夫婦は嫌がらせをしていません。彼女の元夫は彼女のジュエリーを買って、新しい服を買ったことはなかった。

結婚しているカップルではなく通常は結婚が進むにつれて

私は再び尋ねた。その後、理想の結婚について、元夫に話しましたか?彼女はちょうど始めに言ったと彼女は彼女の元夫に嘲笑されたと言った。後でそれを再度言う方法はありません。私は依頼し続ける。理想的な結婚は何ですか?彼女は尋ねられ、彼女はしばらく沈黙を保ち、答えました。つまり、二人...まあ。いいえ、そのようなあいまいな答えは彼女にとってさえ満足ではありませんでした。私は引き続き質問しました。結局彼女は言った。家は大きく、2人はそれぞれ独立した空間を持つべきです。週末の活動には、外出など2人が参加しています。彼女の夫が家事の一部を分かち合い、健康に注意を払い、清掃に参加したいと願っています。